天邪鬼マインド目次お気に入りリンク集役立つサイト&ツール厳選アフィリエイト登録

◆天邪鬼マインド/ブログポリシー||Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


2014年09月28日

ちょうさの季節


毎年、今時分になると何だかウキウキしちゃう今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

と、言うのも..やはり..ちょうさ祭りが近づいているから?かな....多分。

ここ何年も運行に関わってないんですが、太鼓の音は男の心を燃やしてくれます(笑)

いつも祭り好き派、嫌い派に分かれて色々問題も多いみたいですが、個人的には非常に楽しみにしております。。。

幼少の頃から多感な時期をずーっと三架橋(日本百名橋にも選ばれた観音寺市を代表する橋)の元(大和町)で過ごしていただけに、太鼓の音には敏感です(笑)

子供の頃、何でうちの町にはちょうさが無いん? と、思う反面、有ったら有ったで面倒くさいか? とも思っておりました(^_^ゞ

なので、他所の町のちょうさに参加するわけですが、振り返ってみると中学の時に上市の七號太鼓を皮切りに、五號の坂天を1年、壹號の中太鼓を数年間。(今の法被になる前)
法被がダサい(笑)
法被がダサい2

その後はずーっと参號(殿町)にお世話になりました。

と、言うことはつまり!

奇数太鼓しか関わっておりません(笑)(九號さんは別として)

だから? と思うでしょうが、琴弾八幡宮の奉納太鼓で奇数太鼓の七重の締めには必ず(扇)が入っておりまして....

ごっつ独特なのです(ま、それだけですが)

愛媛県と香川県中にある太鼓台の中でも非常に独特なのが琴弾奉納太鼓です。。。
祭りに来た時に漠然と見るのではなく是非色々注目してみて下さいね。

締めの事なんかは以前に書いてますので
こちらで↓
ちょうさ祭り

あと。。。各太鼓が三架橋を渡る際、太鼓の叩き方が変わります。

これは、家にいる人等へ「今、橋渡んじょるで」と知らせる意味もあると聞いた事があります。

で、その太鼓の叩き方とは? 実は。。。

「よぉ〜い よぉ〜い よんやらもってけ!」 と叩きます。

そう、銭形祭りの歌(笑) 何故だか分かりませんが、今年三架橋で確かめてみると分かります。

ちなみに喧嘩太鼓の叩き方もありまして、「ケン ケン ケンカなら ちょうさ(太鼓)持ってこい!」ですよね。。。

出来るだけ喧嘩太鼓が鳴り響かない穏便で楽しい祭りになるよう希望しますが。。。

ついでにもうひとつウンチクを言わせていただくと。。。

ずーっとお世話になりました殿町の太鼓の旗なのですが。。。
よく見ると普通の日の丸じゃありません。

実はこの旗は明治31年善通寺に新設された陸軍第11師団の初代師団長で、この地から日露戦争に出征した第3軍司令官、軍神 乃木希典将軍から頂いた貴重なものです。
殿町の旗

善通寺まで太鼓引っ張って行ったんですかね?
今の旗はもちろんレプリカですがそんな歴史刻まれてるわけです。。。

今はどの地域のちょうさもキレイで、各太鼓ならではのこだわりもあって色んな違いを発見するのも結構面白いものです。

ケガや喧嘩のない事を祈りながら祭りを外から楽しもう!と思っております。。。

どこの祭りに行くか分かりませんが、お会いしたら一緒に呑みましょう(^з^)-☆




posted by 天邪鬼マインドのくぅ at 09:10 | Comment(7) | TrackBack(0) | ■ちょっと思った事

満月ランキングご支援下さい。恐縮ですm(_ _)mペコッ満月
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング  
 

トップへ戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村
received_789498711138724.jpeg

天邪鬼マインド

received_789506731137922.jpeg