天邪鬼マインド目次お気に入りリンク集役立つサイト&ツール厳選アフィリエイト登録

◆天邪鬼マインド/ブログポリシー||Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


2008年11月25日

のぼうの城


先日やんもさんから2冊の本と手紙が届いた。
やんもさんから頂いた本と手紙

やっぱり手紙というものは念が届くというか、メール等では感じ取れないものが伝わってきました。

念と言うのは今の心と書くように、一文字一文字に気持ちが表れているようで何とも言えないジ〜ンとくるものを感じちゃいました。

1冊は「のぼうの城」という本。
のぼうの城
時は乱世。
天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。
武州・忍城。城主・成田長親は領民から「のぼう様」と呼ばれ泰然としている男だった…。
智も仁も勇もないが人間臭い魅力で衆人を惹きつける英傑像を描く。
・・・と、紹介されてある戦国小説です。

実は入院中に読んでた本もほとんどが戦国武将ものばかりでした。
個人的に好きなのは「上杉謙信」なんやけど。

来年のNHK大河ドラマは「天地人」
主人公・直江兼続の直江状は何度読み返しても痛快で気持ちがいい。
満月直江状とその真偽
その直江兼続を語る時に必ず出てくるのが石田三成です。

で、この「のぼうの城」にも石田三成が出てくるんですが・・・
多分・・三成の印象が変わる人も多いんちゃうかな?と思える内容でした。
非常に面白い。戦国ものはちょっと・・・と言う人にも充分ハマる本だと思います。
映画化される予定だということなんで、字を読むのが苦手という人は映画になるのをジ〜っと待つのもいいかも。。。
映画になると、主人公のイメージからして『壬生義士伝』に近い感じになるような気がしますが。。



武ある者が武なき者を足蹴にし、才ある者が才なき者の鼻面をいいように引き回す。これが人の世か。ならばわしはいやじゃ。わしだけはいやじゃ。

それが世の習いと申すなら、このわしは許さん。

この言葉に思わずゾクッとしちゃいました。
是非機会があれば読んでみて下さい。


で、もう1冊の本はというと
心を軽くする言葉-宇宙を味方の「か・が・み」の法則
小林 正観氏の名言集です。

実は以前にこの方の本を読んだ事があるんですけど、よくこういう言葉の伝え方ができるもんだなぁと感心した記憶があります。

この本の中でグッときたのが
「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」。
「溺れたくない、泳ぎたい」と思っているとなかなか浮かばす沈んでしまう。
けれども、全身の力を抜き、「もう好きにしてくれ」と流れに任せた瞬間に浮かぶ事もある。


こうならなければいけない。。という思いを捨てた時に潜在能力が引き出されるという事ですね。
一生懸命過ぎても駄目で、力の抜き方を上手にしないといけないよ。。と言われてるようで、当たり前の言葉やけど「なるほど」と思わせてくれました。

今まで自分が読む本ってのは、自分が選んで買ってきて読んでましたけど、今回本を頂いて人が選んだ本を読むっていうのも面白いなぁと感じましたね。

それと、やんもさんとはやっぱり近い物があるなぁ・・とあらためて思いました(笑)
こういう好みはピッタリで。。。

戦国物だと真田幸村がお似合いです。

内容がどうこうではなく、手紙というのは本と同じく心にも残る大切な物だな・・・と今回あらためて思った次第です。

自分のためにこの本を選んでくれたんだ・・と思うと涙が出ますよマジで。。。

ほんと感動しました。

どうもありがとう。

posted by 天邪鬼マインドのくぅ at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■言葉の魔力

満月ランキングご支援下さい。恐縮ですm(_ _)mペコッ満月
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング  
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トップへ戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村
received_789498711138724.jpeg

天邪鬼マインド

received_789506731137922.jpeg