天邪鬼マインド目次お気に入りリンク集役立つサイト&ツール厳選アフィリエイト登録

◆天邪鬼マインド/ブログポリシー||Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


2006年05月18日

ブランドのカモ達


他人からの評価か? ブランド品の心理って。

物を買うとき、最初、考えるのは何? それは品質違うの?

いくら気に入ったデザインでも、チャチなものでは買う気が失せてしまう。

品質=ブランド品と思ってる人は少なくないのでは?イメージで。

ヨーロッパのブランド品の品質は必ずしも良いわけではない。

品質が高い時計というのは、正確な時間を刻むこと。

しかし、クオーツという非常に精度が高いムーブメントも利用しないで、
機械仕掛けを使っている有名なブランド品は結構多いらしい。

クオーツ時計は数千円で買えるのに、何十倍ものお金を払って有名なブランド品を買う人がいる。

例えクオーツを使っていてもたいした金額にはならない。

クォーツ電池で作動するちっぽけな金属製品なのに、有名ブランドというだけで、
数十万円から数百万という金額であったりします。

ダイアをちりばめてあるような宝飾時計でもないのに、どうして腕時計に百万円前後の値段がつくのか?

そんな外面だけのまやかし時計で自慢している人はちと情けない。


人間は他人から評値されたくて、存在を認められたい生き物。

ほめられたい。この欲求を満足するために、無駄な消費を行っている。


バッグ一つにしても、そのバッグが、作りがしっかりとした上質の皮製のもので、

デザインも独創的であるというようなものであれば、価値があるのかもしれないが

何の変哲もない、薄っぺらなナイロン製のバッグに、起業ロゴいうだけで、

信じられないような値段がついて売られています。

どうしてこのような法外な値段がつくのか、考えた事無いのかな?


原価数万円に過ぎない、実用品である腕時計やバッグに、数百万円という多額な金を出すというのは、
単なる見栄に過ぎないでしょう。 

ヨーロッパのいいカモです。

ブランド志向の人間とは、有名な商品を身につけて外面的に飾り立てることで、自分を

大きな人間であるかのように見せかけようとする人たちなんでしょう。

無能な自己を覆い隠すためにブランドという虚名に力を借りて、他者に対して自分を

大きく見せかけているだけ。

まさに<虎の威を借る狐> 

自分自身が充実していれば、装飾品などで身を飾らなくても、その人の品格が自ずと

伝わってくるもの。

自分自身に自信を持っている人間は、ブランド商品などで外面を飾らなくても、いい意味で際立っている。

自分に自信を持てない者たちが、金や物を多く持つことによって、精神的に空疎な自分を

覆い隠して、周囲の人々と、そして自分自身をもごまかして生きているのです。

外面を飾るより、どうして自分の内面を磨かないのでしょうか。

自己の内面を磨いて、智慧ある人間に成長すれば、多くの人を自分に引き寄せることができるし、
自分も自信を持って生きられるはずです。

自分に自信を持って生きている人の方が美しいと思います。

そのような人は、外面など飾らなくても、内面の美しさで人々を魅了するから。

ブランド志向
http://www.geocities.jp/chandi1813/essb13burandosikou.html


今日の天邪鬼マインド



変な高楊枝など捨ててしまえ




posted by 天邪鬼マインドのくぅ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■十人十色であればこそ

満月ランキングご支援下さい。恐縮ですm(_ _)mペコッ満月
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング  
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17845794
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

トップへ戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村
received_789498711138724.jpeg

天邪鬼マインド

received_789506731137922.jpeg