天邪鬼マインド目次お気に入りリンク集役立つサイト&ツール厳選アフィリエイト登録

◆天邪鬼マインド/ブログポリシー||Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


2006年10月08日

ちょうさ祭り


ウチのまわりも昨日から秋祭りで太鼓の音が鳴り響いております。

不思議なもので、今の家へ移って10年たった今でもこちらのちょうさには感心がない。

色々あって自治会にも入っていないので、強制的に出なくてよく、ホッとしているのが正直なところ。

四国には「ちょうさ」というものがあります。

四国には・・・というより、愛媛の新居浜から香川の西讃、中讃くらいでしょうか?

新居浜は「ちょうさ」とは呼ばず、「太鼓台」と呼んでいます。

ちょうさの原型は、京都の祇園祭に登場する「かき山」とも言われていて、今から150〜160年前に伝わって来たらしいのですが、伝播のルートなど定かでない部分もたくさんあります。

ちょうさとは、太鼓台のことで、神輿のお供をする役目があって、秋祭りに4人の太鼓叩きが乗った太鼓台が町内をねり歩き、太鼓の音で悪魔を追い払い、神輿を迎える行事として各神社に奉納するものです。

元々、自分の地元、観音寺市では、56台の太鼓台があり、市町村ごとの保有台数としては日本一ともいわれていました。

が!! 市町村合併で隣町の豊浜町、大野原町と一緒になり新観音寺市になった今、その台数は・・・

何台やろ(汗)
            
全国に名を知られている「さぬき豊浜ちょうさ祭り」の豊浜町だけで25台

大野原町が14台。大野原八幡宮秋季例大祭
 
旧観音寺市の56台を合わすと計95台にもなる。(子供太鼓含む)

ケンカ祭りで有名で、徳島市の阿波踊りと高知市のよさこい祭りと一緒に四国三大祭りと言われている愛媛県新居浜市の新居浜太鼓祭りでも49台ですから凄い数です。

新居浜市の太鼓台の台数 

新居浜の迫力にはかなわんけどな。。。新居浜太鼓祭り

とにかく統率がとれてリズムがあり、何と言っても太鼓台をぶつけ合い、いつどこで太鼓台同士のケンカが始まるのか分からないので観客もいつも盛り上がっている。

かきくらべは圧巻で、(こんな感じ)そうかと思えば小競り合い鉢合わせがあったり・・・と、目が離せない。

話を地元に戻します。。。

自分が昔から参加してるのは旧市内の琴弾八幡宮大祭です。

ちょうさドットNET 

≫≫本若太鼓Googlevideo

もうかれこれ25年くらいになりますか・・・

他の地域の事は良く分からないんですが、この琴弾八幡宮大祭に奉納している9台のちょうさにはややこしい様々な規約が存在します。

ちょうさを運行するには一般道を利用するので、まず通る道と時間等を警察に届け出し、許可をもらうんですが、年々遅い時間まで運行するため文句タラタラ言われます(俺は関係な〜し)

警察が言うには、酒を飲んでちょうさを運行し、車等に接触し相手をケガさせたりした場合、「飲酒運転」になる!!と聞いた時には思わず笑ってしまいましたが、なんだかんだと言って規制をかけてくるのも困ったもんです。

まぁでも祭りに感心がない人に迷惑かけたり、車の移動を妨げていたりするのでしょうがないですが。

で、9台の特徴は他の地域にはない独特なものがあります。

まず、締め。太鼓台(ちょうさ)とは?←布団締めのところ。

新居浜の太鼓台は。豊浜のちょうさも多くが。なんですが

この9台の内、まず壱號太鼓は唐獅子扇

弐號本若太鼓は竜虎

参號酒太鼓は扇咲競

四號上若太鼓はのみ。

五號坂本太鼓は唐獅子扇

六號南太鼓は

七號太鼓は止め纏

八號茂木太鼓は

九號社家太鼓は扇龍

9年前までは7台のみで、奇数のちょうさは扇。偶数に龍や虎というふうに分かれていました。

龍や虎が暴れるのを扇で納める。。。とか聞いた事があるが定かではありません。

各太鼓にはだいたい、総代が4人。実質ちょうさを運行する掛合が筆頭1人。
補佐役が2.3人。運行に携わる他の掛合が数十人。
各家庭から「おハナ代」を集めて収支役の会計が数十人。飲み物や食べ物、片づけや荷物運び等陰の役割の世話人。

あとは担ぎ人たち・・・

運行の主な役割は表面上、筆頭掛合に権限がある。 

リーダーであるはずのこの筆頭が地元の人達の年功序列意識でほぼ順番でやらされる。

筆頭掛合は、自分たちのちょうさの運行をいかにケガやケンカをさせることなく上手にリードしていくかが鍵で、時には他のちょうさとの交渉にもあたらなければならない。

普段友達でも太鼓の事に関しては、いい方を間違えただけでちょうさ同士のイザコザに発展することもあるためバカでは難しい。

たかが祭りですけども。。。

若い子達はケンカの種を常に探し、暴走し易いため掛合がしっかりしていないと大事にもなりかねない。

太鼓の顔であるハッピを着ている以上、運行とは全く関係のないケンカでも太鼓同士のケンカと見なされるため、ケンカの時はハッピを脱がす(笑)

何事も臨機応変に対応でき、機転の利く男が本来筆頭でないとみんなが厳しい。特にまわりの掛合がシンドイ。。。

的確な指示がないので、担ぎ手からはボロクソ言われたりするので可哀相だったりする。

特にここの祭りは、八幡宮でいる時間が異常に長く、みんな露店でへべれけになってしまうので、夜はトラブルが多いかも。

個人的には好きじゃないが、夜のちょうさも女子には人気らしい。→下の方

細かい決まり事が一杯ありすぎて、書ききれないですけど、時間があったらお越し下さい。

各太鼓の個性を感じてみて下さい。

多分。。。参加してると思いますので。 
祭りにしか会わない人もいるし、何より仲間と飲む酒は最高ですから。

この中のどこかにいるはずです。。。多分。

こんな中

当日胸に「青いタオル地のハンカチ」を差し込んでる方にもれなくアルコールを差し上げます。 

発泡酒ですが・・・ご遠慮なく。。。

関連記事:ちょうさの事A

★↓宜しければご協力下さいm(_ _)m
人気blogランキング
☆↓宜しくお願いします☆
FC2 Blog Ranking
■↓新たに参戦
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ


posted by 天邪鬼マインドのくぅ at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | ■近況報告

満月ランキングご支援下さい。恐縮ですm(_ _)mペコッ満月
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング  
 
この記事へのコメント
朝7時からドンドンうるさい!祭りは来週やのに・・ちょうさを組み立てるだけで太鼓を叩くのは勘弁して欲しい!祭バカもいいが他の人の迷惑も考えろっ<`ヘ´> 
Posted by ん〜 at 2006年10月08日 15:37
ん〜〜〜〜〜確かに。今の俺の心境と一緒やな。

ただ、それは本人達に直接言って下さい。
参加してませんので!!!
Posted by くぅ at 2006年10月08日 15:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トップへ戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村
received_789498711138724.jpeg

天邪鬼マインド

received_789506731137922.jpeg