天邪鬼マインド目次お気に入りリンク集役立つサイト&ツール厳選アフィリエイト登録

◆天邪鬼マインド/ブログポリシー||Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


2006年12月10日

追い詰められた女


相変わらずの「ぷっつん」ぶりを発揮し、久々に登場した石原真理子氏。

何考えとるんだか・・・

金と仕事に追い詰められた女+プッツン=過去の暴露本で儲けちゃおう

てな感じか?

日本外国特派員協会も「女優兼作家が日本の芸能界の全てを明かす」と過激なタイトルを付け必死で煽るものの、フタを空けてみれば、外国メディアの記者は米国の経済専門通信社「ブルームバーグ」など同協会会員の5人のみで、ほとんどは日本の芸能マスコミだった。

スキャンダルが大好きで、人の不幸を好む、スケベ大国日本のマスコミばかりだ。

ウンコに集まるハエに似ている。

彼女なりに言いたい事も有るだろうし、芸能界の問題点等を伝えたかった思いもあるんでしょう。

でも、人には言っていい事と悪い事がある。正確には、書いていい事と悪い事がある。

誰でも過去はある。楽しい事や悲しい事があるのは当たり前だ。

自叙伝を書くのは勝手だが、関わった人達、特に関係のあった人との赤裸々な秘め事を書くのは御法度だろう。

相手に連絡したとかしないとかそんな事は関係ない。

その時々に付き合ってきた人達とは、真剣じゃなかったのだろうか・・・

2人の事は2人だけが判っていればいいだけで、後の事は想い出として墓場まで持っていかなけりゃいけない。

記者会見で、「彼らはわたしを救ってくれた救世主。感謝の意を表した」と言ってましたが。。。

・あなたを救ってくれた救世主に対する感謝の仕方ですか?これが?

大切な人ばかりで、(男性不信の)トラウマ(心的外傷)に苦しむ私を救ってくれた。敬意を表したかったので名前を出した」とも言ってましたが、敬意の表し方がプッツン流過ぎる。

「今後はNHKはもちろん、民放もドラマなどには使わないでしょう。せいぜいプッツン発言を期待しているオチャラケのバラエティー番組に担ぎ出されるぐらい。でも、本人はそのことを理解できないのでは……」というハエ・・・失礼。芸能記者の言葉が当を射ている。

で、その内容なんだが・・・

説明によると

女優・石原真理子が、芸能生活25周年並びに日本での女優本格復帰を記念し、その波乱万丈な半生を綴った話題の自叙伝!!彼女の代表作のひとつである名作ドラマ『ふぞろいの林檎たち』や、世間を騒がせた有名ミュージシャンとの不倫愛については、今だからこそ話せるその裏話に各1章分を割き、詳細に語っている。また、現在、いじめ、自殺、DV、セクハラなどが社会問題化しているが、本書でも著者が今まで芸能界で体験してきた共演者からのいじめ、有名ミュージシャンの彼からのDV、自殺未遂、監督など関係者からのSEX強要などまで、包み隠さず告白し、同じような境遇にいる人たちへの提言、助言を行っている。そして、DV後遺症から優しい男性を求めて、有名歌手、人気俳優、大物お笑いタレントなど、誰もがその名を知る10人以上の芸能人たちと交際をしていき、つかの間の安らぎを得ていた彼女。本書では、実名とともにこれら有名芸能人同士のリアルな恋の始まりから終わりまでが次から次へと語られている。彼女を通して、真実の芸能界がよくわかる衝撃の内容が満載!!


ここから引用≫【重版予約】 ふぞろいな秘密

中井貴一さんと時任三郎さんとの三角関係をはじめ、田原俊彦さん、明石家さんまさん、吉川晃司さん、玉置浩二さん等が実名で登場する。

DV男に殴られて鼻の骨を折ったとか、さんまさんと赤坂見附の有名ホテルで密会していたとか・・・

今回ここに強制登場させられた方達は「お気の毒」の一言です。

さんまさんはネタに出来るパワーがあるでしょうが、童貞説の噂のあった中井さんはキツイですね。。。

名誉毀損で訴えるとなると、その都度話題になるでしょうが、逆に無視しておいたほうが賢明でしょうね。

民事ならいけるでしょうが、弁解がましく「必死だな・・・」と思われちゃうから止めた方がいいと思うけどな。

無駄なお金と労力を使うより、「馬鹿な女がいるもんだ」と、大きな心で受け流し、シカトしちゃいましょう。

ただ出演料は頂かないと・・・と、いう気はしますけど。

誤解しないで。わたしは芸能界が好きです」とも言い切った石原氏。

自分が幾ら好きでも芸能界や視聴者から好かれる事はないんじゃないの?
危なくてみんな関わりたくないでしょうから。

だいたい女優兼作家って?何様だと思ってるんだろう?
ドラマや映画に数本出て、本を書いただけで何の女優や? 名前が通っているとでも思っているのだろうか?

いくら金に困ってるからとはいえ、またプッツンしてしまったこの代償は大きいはず。

自叙伝と言いながらも、過去の人を実名でネタにしただけが話題になってるだけ。情けない人だ。

この人の一方的な思いで書かれた内容と、書かれた相手が思っている内容は180度違うだろう。

落ちぶれた女優の悲しい末路を見事に演じてくれた石原真理子氏に最後に一言。

こんなん書いて嬉しいか?

実名で暴露された方に成り変わりもう一言言っておきましょう。

もう日本に帰ってくるな! ば〜か!

【芸能】石原真理子の切羽詰まった事情 (ゲンダイネット) 2チャンネル

▼ちちんぷいぷい 石原真理子会見 実名暴露のワケ



★↓あなたのワンクリックに励まされますm(_ _)m
人気blogランキング
☆↓ワンクリありがとうございます☆
FC2 Blog Ranking
■↓おまけにもう一つ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ
posted by 天邪鬼マインドのくぅ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■新聞の見方

満月ランキングご支援下さい。恐縮ですm(_ _)mペコッ満月
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング  
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トップへ戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村
received_789498711138724.jpeg

天邪鬼マインド

received_789506731137922.jpeg