天邪鬼マインド目次お気に入りリンク集役立つサイト&ツール厳選アフィリエイト登録

◆天邪鬼マインド/ブログポリシー||Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


2006年12月20日

疲れ目


最近1時間以上PCに向き合ってると目の血流が首都高速なみになってしまう・・・か弱い・・くぅです。

この数年でだいぶ視力も落ちてきてます。

ギニアにでも1年間行って、自然と動物ばかりを遠目に見ていると視力は多少回復するでしょうが、動物に食われたら堪りません。

何かいい疲れ目解消法はないかな?と探してみて、今、時々実践してます。

1.開いた目をかた〜く閉じます。
2.パッと見開いて、目線だけを上へ3秒〜5秒
3.下へ3秒〜5秒
4.視線だけ右へ3秒〜5秒
5.視線だけ左へ3秒〜5秒

チ〜〜〜〜〜ん。出来上がり。

あと、暖かいタオルと冷たいタオルを交互に目の上に3分くらいのせ、数回続けてから目のまわりの骨を押していく。押す時はゆっくり息を吐きながら肩や首の力を抜き行うと効果的だそうです。

近くのものを長い時間見続けると目が疲れやすくなるので、定期的に遠くを見る事が大事なんだそうですよ。

ここはクリニックじゃないのであとは調べてね♪

目は情報を取り入れるだけではなく、体の内部の情報を表現する器官でもあると言われてます。

「瞳をみれば全てがわかる」「眼は心の窓」「目は口ほどにものを言う」等と昔から言われますね。

昔は、何が「目は口ほどにものを言う」や? ほなら何かい? 今、俺が何食いたいか分かるんかい?等と思ってましたが、確かに「眼力」というのは存在します。

日常生活での情報の約80%が視覚からと言われていて、目は他の感覚に比べられないほど大切な情報源といえますよね。

逆に言えば、人の目を見ているとその人が何を見ようとしているのか、何を考えているのか、何に興味をもっているのかが解ってくると言う事。
なので、目の動きは自分が思った心の動きそのものを表しているんです。

昔はよく「ガンを飛ばす」という行為をしていましたが(笑)あれも、自分がナメられないように威嚇してるつもりだったんでしょう。。。

番犬が近くに来る人を吠えまくるのと一緒で。。。

本当に強い闘犬は一切吠えませんよね?人間も一緒。弱い人ほど威張るという本能を持っているのかなぁ・・・等と思ったりします。

個々に、目には独特の表情があって「冷たい目」「優しい目」「邪悪な目」「冴えない目」「人をひきつける眼」「眼力がある目」等と言い表されてます。

実際、見た目にも一重まぶたの人が二重にプチ整形すると、まるで別人になったように見えるほど「目元」というのは大事なんかな?

ま、個人的には一重まぶたの切れ長な目の女性に魅力を感じますが・・・

とにかく、眼は、心の窓というだけではなく、人体の内部を覗き見る窓とも言えます。

疲れ目というのは、使いすぎて疲れる場合と、何もしていないのに最近目が疲れやすい・・・というのでは意味が違ってきます。

短時間で近くばかりを見ていたりして疲れすぎた目は、上記の目のストレッチでちょっと楽になるんですけど、慢性的な疲れ目は改善しないんですね、これが。

陰陽五行でいうところの「目」というのは、実は「肝臓」「胆嚢」と、経絡で繋がっていると言われてるんで、「肝臓」「胆嚢」が弱ってくると「目」に症状が現れてきます。

面白いもんで、例えば他の臓器で言うと

「耳」に異常がでる場合≫腎臓・膀胱(子宮・婦人科系)

「口」に異常がでる場合≫膵臓・胃

「鼻」に異常がでる場合≫肺臓・大腸

「舌」に異常がでる場合≫心臓・小腸

このようになんですね。 地震に震源地があるように、体の異常も原因となる五臓六腑があるんだという事の参考になると思います。

さらに、これらには色とも深い関わりがあって、自分が好む色のところが意外と体の弱点である事も多いんです。

黒を好む人は腎臓・膀胱(子宮・婦人科系)が弱い場合が多く、逆に弱い色を求め、黒っぽい服等、身につけるものに黒にしたがる人が多いです。
これは、逆効果と言われているので、心当たりのある人は意識して黒いものを身につけない方がいいかも?

青を好む人は、肝臓・胆嚢・目。(性欲減退・肩こり・筋肉痛)
赤を好む人は、心臓・小腸・舌。(冷え・息切れ)
白を好む人は、肺臓・大腸・鼻。(ぜんそく等呼吸器・皮膚・蓄膿)
黄を好む人は、膵臓・胃・口。(胃下垂・食欲不振・糖尿等)

ちょっと参考にしてみて下さいね。

陰陽五行説の論理

古くからのことわざや熟語等でも、「目」に関するものが多く、意味も深い。

間違ってもメンチび〜むみたいに使わないよう注意しよう。

関連記事:メンチび〜む

《故事・ことわざ・四字熟語》

目が飛び出る≫高い値段に驚くようす。

目が回る≫非常に忙しいようす。

目から鱗が落ちる≫あることがきっかけで、それまで分からなかった真相や本質が急に理解できるようになる。同意語: 「目から鱗」

目から鼻に抜ける≫非常に賢いようす。また、抜け目がなくすばしこいようす。見たものはすぐに嗅(か)ぎ分ける。視覚と嗅覚(きゅうかく)が連携して鋭く働く。
同意語: 「目から入って鼻へ出る」
類語: 「一を聞いて十を知る」

目糞鼻糞を笑う≫自分の欠点には気づかず、他人の欠点をあざ笑うこと。鼻糞をけなす目糞も汚いことには変わりがない。
類語: 「猿の尻笑い」、「鍋がやかんを黒いとけなす」

目に余る≫余りにひどくて見過ごせない。

目に目を歯には歯を≫害を受けたら、それに相応する報復をするということ。『旧約聖書・出エジプト記』に「命には命で、目には目で、歯には歯で、手には手で、足には足で、火傷には火傷で、傷には傷で、打ち身には打ち身で償わなくてはならぬ」とある。

目に物見せる≫思い知らせる。

目の色を変える≫獲得しようと必死になる。

目の上の瘤≫目の上にある瘤は、始終気になってうっとうしい。
自分より地位や実力が上で、何かにつけて目障りで邪魔になる存在のこと。江戸いろはがるたの一つ。
同意語: 「目の上のたんこぶ」

目の寄る所へは玉も寄る≫目が動く所へ、目の玉、つまり瞳がついていく。同類の者は自然と集まってくること。
また、似たようなことが引き続き起こることを言う。
類語: 「同気相求む」「類は友を呼ぶ」「類を以て集まる」

目は口ほどに物を言う≫まなざしは、ことばと同じように感情を伝えることができるということ。
喜怒哀楽の情はまず目に表れる。
類語: 「目は心の鏡」、「目は心の窓」、「目は舌ほどによく喋る」

目は心の鏡≫目を見れば、その人の心が分かるということ。『孟子・離婁上』にも「胸中正しければ、則(すなわ)ち眸子(ぼうし)瞭(あきら)かなり。
胸中正からざれば、則ち眸子くらし」とあって、人は自分の心を隠すことができないことを述べる。
類語: 「目は口ほどに物を言う」、「目は心の窓」

目病み女に風邪引き男≫目を患った女の風情と、風邪を引いた男の風情は粋だということ。
潤(うる)んだ目を紅絹(もみ)(紅で染めた絹布)で押さえる女と風邪声でどこか気怠(けだる)そうな男は色っぽく感じられるものだ。

目を掩うて雀を捕らう≫現実を直視しないで、つまらない策を弄すること。雀(すずめ)に気づかれるのを恐れて、自分の目に目隠しをして雀をつかまえようとする。
自分に見えなければ相手も見えないと思う愚かしさ。
類語: 「耳を掩(おお)うて鐘を盗む」

目を掛ける≫かわいがって面倒をみる。

目を剥く≫怒って大きな目でにらむ。


★↓お暇潰しになりましたらポチッと。。。
あなたのワンクリックに励まされますm(_ _)m
人気blogランキング
☆↓ワンクリありがとうございます☆
FC2 Blog Ranking
■↓おまけにもう一つ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ


posted by 天邪鬼マインドのくぅ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ■ちょっと思った事

満月ランキングご支援下さい。恐縮ですm(_ _)mペコッ満月
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング  
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29804581
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

トップへ戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村
received_789498711138724.jpeg

天邪鬼マインド

received_789506731137922.jpeg