天邪鬼マインド目次お気に入りリンク集役立つサイト&ツール厳選アフィリエイト登録

◆天邪鬼マインド/ブログポリシー||Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


2007年01月31日

資格のない保護者達


中学3年の頃は、授業中に給食室に入り込み、各組の給食を少しずつ戴き、給食の時間には腹一杯になっていたので、自分の給食を「誰かいる?」と人にあげ、「散歩道」でコーヒーか「スワン」でジュークボックスの音楽を聴いたりして結構楽しかった思い出がある・・・くぅです。

今、謝ります。みなさんごめんなさい。m(_ _)m

何年も前から問題になってるようですが、給食費未払い、滞納・・・
困った人が多いようです。

<給食費滞納>裁判所に督促申し立てで大幅減 宇都宮

1月27日15時2分配信 毎日新聞

 学校給食費の滞納問題を巡り、宇都宮市教育委員会が裁判所に保護者への督促申し立てなどの措置を取ったところ、7カ月間で3分の1が支払うなど滞納者が大幅に減ったことが分かった。「払えるのに払わない」家庭が多いことも裏付けられ、法的措置が全国的に広がる可能性もある。


文部科学省による初の全国調査では、2005年度の学校給食費未納額は計約22億円で、人数では児童生徒数の1%に当たる約10万人が給食費を支払っていない実態が明らかになりました。

「義務教育だから給食出すのは当たり前だ」

「不味い給食を勝手に出しておいて金をとるのか」

「金がいるならお前(先生)が家に集金に来い」

こういう人が多いんだそうです。
どう思いますか?みなさん。

払わない理由を相手のせいにする人達のお陰で、まともに払ってる人がアホらしく思えてくるこの給食費問題。どうするのが一番いいんでしょう?

学校の先生が、払わない家庭に出向き説得、集金をするという場面をテレビでもみたんですが、正直、情けが辛かったです。

どうでもいい理屈を好き勝手に言い、自分の権利だけ主張して、親としての義務を果たそうともしないアホ親に鉄拳を食らわせたい気持ちです。

日本国憲法第26条に、教育を受ける権利および義務教育についての規定があり、

1.すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。

2.すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。


最後の「無償とする」と言う意味を勘違いしてる親が多いんでしょう。

憲法で言う「無償」と言う解釈については、以前に判例があります。
(義務教育教科書費国庫負担請求訴訟事件 最大判昭和39年2月26日)

この判例によると、無償とは授業料の無償を意味し、教科書、学用品その他教育に必要な一切の費用まで無償としなければならないことを定めたものではないとする。と、なってます。

つまり、授業料はいりませんよ。ただ、勉強するために必要な筆記道具等や通学、授業に必要な制服等は無償ではない。と、言うことでしょう。

実際、自分たちも鉛筆や消しゴム、体育の服やら制服等は、親に買ってもらいましたよね。

こちらの教育基本法第4条第2項でも、

国又は地方公共団体の設置する学校における義務教育については、授業料は、これを徴収しない。

と、あります。

給食というのはそもそも、戦後お弁当を持ってこられない子が多かったため始まったもので、学校側の義務ではないと思うんですが。間違ってますか?

義務教育だから給食を出すのは当たり前で、お金まで取るのはもってのほかだ!というのは、完全に誤った解釈をしてるという事になります。

逆の見方からすると、アレルギーの問題や、好き嫌いが多い子供が増えていること等、給食を出す側も今まで以上の栄養バランスや管理等を考え直す必要はあるのかもしれません。

給食というのは食べることだけではなく、給食当番を交代で行い、片づけや、作って下さった方に感謝しながら手を合わせ「戴きます」という心を養う一つの場所で、その過程に意味があるように思うんです。

何らかの家庭の事情で、給食費を免除になった子供さんもいるだろうから、軽々しく「みんな弁当にすればいい」とは言えないけども、月の始めに給食か弁当かを選択制にし、事前に徴収するとかしないと、不公平さは改善できないのではないでしょうか?

義務教育というのは、大人が子供に教育を受けさせる義務であって、子供が教育を受ける義務があると言う事ではありません。

義務教育は、保護者(大人)に対する義務なんです。

免除以外の、給食費を払ってない家庭の子供だけ給食を出さない。という事態が起こる前に、自分の子供を思うなら払ったほうがいいんじゃないでしょうか。

給食費を払わなくていいんだ。という体験をした子供は「世の中言った者勝ちだな」と思うことでしょう。

納得がいかないのであれば、給食費を払わずに、「ウチの子は給食いりませんから」と言えばいいだけでしょ。

不味いのなんのと言いながら、タダメシを食わせ、訳の分からぬ屁理屈で費用は払わない親は、無銭飲食の常習犯だ!と言うことです。

さらに付け加えると、子供の昼飯代の支払いを拒否する親は、子供に食事を与えないという「育児放棄」と、同じだと肝に銘じるべきではないでしょうか。


★↓こちらも放棄しないでねm(_ _)m
人気blogランキング
■↓おまけにもう一つ
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ
□↓これで最後!!
オヤジ日記ニンキブログ

posted by 天邪鬼マインドのくぅ at 06:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | ■新聞の見方

満月ランキングご支援下さい。恐縮ですm(_ _)mペコッ満月
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング  
 
この記事へのコメント
問題は、こういうひとは正論を言われても非難されてももはやなんとも感じない、人とも呼べない存在になっている事でしょうね。

お天道様も見てないし、恥をかかせてはいけない人もいないのだから・・・。
ものさしはお金だけ。

ニッポンもいよいよおしまいですかねぇ。
Posted by せんめい at 2007年01月31日 21:28
理論で封じ込めても「それで?」「だから?」「それが何?」暖簾に腕押しなんでしょうね。。
目先の損得しか考えない人は、何を言っても人ごとだとしか思わないんでしょう。
情けない人達です。
Posted by くぅ at 2007年01月31日 22:03
初めまして。以前から読み逃げしておりましたm(u_u)m

私個人的な意見ですが…
なぜ払えないではなく…払わないのか。
我が家では唯一の満点栄養食(笑)月、数千円で食べさせてもらって有難い限りです(o'ω')
Posted by みみ at 2007年02月07日 09:28
みみさん。有難うございます。
おっしゃる通り、ほとんどの方が「払わない」ですよね。
栄養とバランスを考えた素晴らしい献立だと思うんですが。。。
Posted by くぅ at 2007年02月09日 23:53
初めて読ませて頂きますヾ(*´∀`)ノ゚.:。+

>親としての義務を果たそうともしないアホ親に鉄拳を食らわせたい気持ちです

私もそう思います。
なぜ払おうと思わないのか、その思考が理解できません^^;

我が家も思います^^
月数千円で食べさせてもらっていた給食、中学に上がって給食がなくがっくりです(;^_^A

栄養バランスを考えて、しかも残さずおいしく食べてもらえるように考えられた給食。。。
払おうと思い直して、払わない方が少しでもゼロに近付くといいなぁと思います(;^_^A
Posted by ☆mi at 2007年04月19日 06:46
■☆miさん
ありがとうございます。
たとえ生活保護を受けていたとしても、別途給食代は支給されているそうですんで、払えないんじゃなくて払わないんですからたちが悪いですよね。。。
Posted by くぅ at 2007年04月19日 09:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

トップへ戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村
received_789498711138724.jpeg

天邪鬼マインド

received_789506731137922.jpeg