天邪鬼マインド目次お気に入りリンク集役立つサイト&ツール厳選アフィリエイト登録

◆天邪鬼マインド/ブログポリシー||Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


2007年09月01日

朝青龍のニュースで


昭和42年1月生まれなので、ど〜考えても『未年』だと思うんですが、未だにず〜っと『午年』だと主張し続ける親の元で育てられました・・・くぅです。

節分までは前の年や。と言いくるめられ、「へぇ〜そうなんや・・」と思っていた10代の頃。

20代になり「やっぱり俺未年やろ?」と問いただしたら

「腹に居った時は、午年やないか」と言う始末。

心の中で思っていたのは、俺ホンマは41年に生まれたのに届けを出したんが1月やったんちゃうか?と言う事です。

そ〜でなかったら、そなに「午年」を強調せんでもええと思わん?
よって、自分では『午年生まれ』・・・かも知れません。

朝青龍の話題と思いきや、実は「馬の話」です。m(_ _)mペコッ


▼この人は、ガキの使いでしょうか?
朝青龍の監視は?高砂親方早々帰国
横綱・朝青龍(26=高砂部屋)の監視役としてモンゴルに同行していた師匠の高砂親方(51=元大関・朝潮)と本田昌毅医師(37)が、31日に帰国することになった。2人はすでに同日の関西空港着のモンゴル航空便に予約を入れている。高砂親方は30日に朝青龍の治療施設を視察したが、わずか2日の滞在で問題横綱のもとを離れる。監視役の「後任」は決まっておらず、早期帰国は関係者の批判を集める可能性も出てきた。


治療環境を確認できたって・・おいおいあせあせ(飛び散る汗)
モンゴル軍に完全防備されて手も足も出なかったのか、為す術無くあえなく帰国・・・

そんなんただの付添人やんか。。。
マネージャーかあなたは?仮にも師匠だろ?蔑ろな対応されに行くくらいなら医師に任せて、あとは部屋の若いしの面倒見とけ!って思いますよね。

連日の過熱報道で、すっかり犯罪者みたいな扱いを受けている朝青龍。

早い内に一言でも断り入れておけばココまでの騒動になってなかったのに完全にもう手遅れとなりました。

本人が一番悪いけど、指導、注意出来ないというか、何を言っても聞いてくれない親方も情けが辛い。

いわば親分子分と言う間柄で、子分がどうしようもなかったら破門でも絶縁でもできるだろ?って思うのが一般的な縦社会のルールですよね。

でも、この現高砂親方と朝青龍の場合、その関係が全く機能していない。
今更言ってもしょうがないんですけど、そんな関係を分かっていながら直接関わろうとしない相撲協会もどうしようもないね。

ま、色んなところで嫌と言うほど批判されてますんでもう止めときますが、どういう結末になるんでしょうかね。興味深いです。

我々日和見が一番気楽なもんです。

で、モンゴルへ過去帰国した際の朝青龍の乗馬してる映像を見て思い出したんですが、あの馬って小さっ(笑)

でも、あれに近いのが元々日本にいた馬なんですよね。

日本の在来馬のルーツは、縄文から弥生時代にかけて中国華南から導入された四川・雲南馬系と、 弥生から古墳時代にかけて朝鮮半島を経て導入された蒙古馬系といわれています。
 明治以降、在来馬は軍馬として西欧種と交配し、より大きく強い馬へと改良されたので、 日本古来の在来馬は一部の地域を除きほとんど姿を消してしまいました。


馬・・あれこれより引用

よく戦国時代のドラマや映画で、サラブレッドみたいな馬に乗って戦闘してるシーンがありますけど、あれは全くの作り物です。

あんな馬(170pくらい)が当時の日本におったらまさに『魔物』

実際はマジでポニー(130pくらい)みたいな馬に乗ってたワケですからね。

身長が低かった当時の人達でも地に足がついたって言うくらいなんで、武田の騎馬隊なんて、実際どうだったんだろう?

と、言うか、そもそも武田の騎馬隊と言うものは存在していなかったのでは?とも言われてます。

そら、ポニーみたいな蹄鉄も打っていないような小さな馬で、重たい鎧武者を乗せて敵に突っ込めるか?と言う疑問はありますわね。

歴史の話は大部分が、過去の時代の作家によって色づけされていくものなんで、どこまで本当なのか分かりません。

でも、朝青龍が乗ってる馬を見てて、重そうやけど使えなくもないな・・という感じはしたんですけどね。

みなさんはどう思う?って言うか、そんな目で朝青龍の映像見てないかな(笑)

変な方へ目が奪われ、勝手な妄想をする自分が怖いです。。。

でも、足が下に着く馬に乗ってる武士って笑えるよな・・

想像してみて下さい。

俺らが ホンダモンキーに乗ってるような感じやろか?

ま、武士ちゃうけど。。。


宜しかったらポチッと応援お願いしますm(_ _)m
このブログは実はBlogランキングで※位なんです
オヤジ日記ブログでは現在■位です。。。皆さんのワンクリックのお陰です。
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ
posted by 天邪鬼マインドのくぅ at 06:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | ■ちょっと思った事

満月ランキングご支援下さい。恐縮ですm(_ _)mペコッ満月
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ ブログランキング  
 
この記事へのコメント
ほぅほぅ、私は未年と定まっていましたが成長して運勢を気にするようになったときからわしは午年か?どっちを信じたらええんやわからんようになってしまっています。2月1日生まれです。くぅさんよりもっと微妙なところにいます。
Posted by せんめい at 2007年09月01日 11:13
昔なら僕たちは馬に乗れませんね(・・;)
Posted by どらです at 2007年09月01日 20:44
昭和41年は丙午だったから、当時は避けるのが普通だったような?
私、40年生まれなんですけど、大学受験の時に1浪すれば良い大学行けるって言われましたもん。
Posted by とし at 2007年09月02日 03:01
★せんめいさん
それは微妙ですね(笑)
暦だと節分で見るんでどっちなんだろう?と今もって謎です。
Posted by くぅ at 2007年09月02日 10:19
★どらさん
乗れるけど馬に悪い気がしますw
Posted by くぅ at 2007年09月02日 10:21
★としさん
丙午はどうのこうの言うてました、そう言えば・・・
昔はよく年末に生まれたりすると1月1日生まれとして申請してたりしてましたからね。
でも、27日という中途半端さから考えるとやっぱり違ってたんでしょうね。。。
Posted by くぅ at 2007年09月02日 10:31
朝青龍問題は今ブームですよね!
親方は何をしにモンゴルまでわざわざいったのか不思議ですよね。
結果がついてきてないから駄目ですよね。
Posted by さな at 2007年09月02日 20:04
☆さなさん
人は良いと思うんですけど、親方としては優しすぎるのかも・・・
Posted by くぅ at 2007年09月03日 16:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53395736
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

トップへ戻る

PVアクセスランキング にほんブログ村
received_789498711138724.jpeg

天邪鬼マインド

received_789506731137922.jpeg